日常のリズム

一級建築士試験とアナログゲーム等の日記ブログ。

【一級建築士】直接指導塾第一回

本日大阪直接塾第一回目でした。

 以下脳内整理の覚書

・時間配分チェックシート→自分なりに調整可

・「合格する図面」とは

・5分読みの極意

立ち読みするイメージ、条件文、いつもと違うところを見る。

じっくり読まない。条件整理の各手順の時にしっかり読むようにしないと二度手間になる。→時間削減の観点から意味がない

①設計主文・計画に当たっての留意事項

②敷地条件

③その他の施設等(外構条件)

④要求室(建物条件)

というように外から中に入っていくイメージで課題文全体を把握する。

12落としどころまでの条件整理の時間配分の中で、時間がかかる可能性があるところを掴む。→行き当たりばったりで始めない。数手先を読む。

バッと見て、「うーん、、一日半かかるかなあ?」みたいなイメージ

・プログラム図

通用口や管理動線のラインは課題文中に明記されないが、各室の繋がりとして出てくるところは表記する。詳しくは資料を見る。

・ウツワ出し

ウツワのパターンは大きく二通り。

①長方形の整形に屋外遊戯場を取り、建物のウツワも整形に取る。

②屋外遊戯場のスペースを敷地の一角に固めて取る。建物のウツワはそれにより数コマ欠ける。

②の場合はまずヘリアキと基本スパン割(7×7:49㎡)で42×28を取り、必要な屋外スペースを削り取るように考える。

1階ウツワコマ数×3層-3階吹抜け-広場×2がTmaxより大きければその大きさで最大面積が入る。という確認。

 

・2つ目の階段を管理用ではなく避難用として割り切る事も主流

f:id:nichijo_box:20170212234345j:image