読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常のリズム

一級建築士試験とアナログゲーム等の日記ブログ。

【一級建築士】受験生属性

久しぶりの投稿になります。


今回は、前から書いておきたかった自分の「受験生属性」について。


ウラ指導では、過去の合格者を講習会に呼び、勉強方法や本番での考え方など、様々な為になる話をしていただく機会を設けていて、僕もいろいろ参考にしています。


合格者紹介の時、平成何年の合格で何年受験したかなどの情報も発表されます。

 

個人的には、こういった合格者のプロフィールってとても面白いと思っています。

中には、10年ぐらい挑戦し続け、めでたく合格された方や、高齢であるにも関わらず、不屈の精神で合格を勝ち取ったまさに受験生戦士がおられ、講習会に来た受験生に激励していただきました。


合格者の激励は、本当に説得力があって、必ず合格できます!と言っていただいたときは、何か込み上げるものがありました。勇気を与えてくれます。

 

という前置きで、nichijoの受験生属性(ヒストリー化してますが)の紹介。

 

 

nichijo
現在、建築設備設計事務所勤務 5年目。機械設備の修業中。
その前は建築専門学校卒。


平成28年度 一級建築士試験 初受験で学科試験98/125点で合格。製図試験はランク3で不合格。
今年 平成29年度 2回目受験予定。

 

平成28年度受験に向けて、平成26年、S学院にパーフェクトコース(二年間学科を勉強し、平成28年度に受験するコース)に申し込み、受験勉強を始める。


平成27年の学科勉強一年目は、計4回のS模試はほぼ70点台。このまま二年目同じような勉強をすると合格できないのではないかと焦りを感じる。


平成28年12月頃 二年目勉強開始。この頃、必死でインターネットで勉強方法を調べていて、受験生が書いているブログがいくつかある事を知る。
また、ウラ指導主催の「平成27年度学科本試験検証講習会」というものが一週間後にある事を偶然見つけ、すがる思いで申し込み。その日のS学院講義を犠牲にする。


その講習会で、学院では教えてもらえなかった「問題の解説」ではなく「上手な勉強法」が大事であるという、違った視点でものを考えることを会得。
画期的な勉強方法に学科試験突破の光を見出す。

(大げさではなくて、僕には本当に光が見えたんです。笑)


平成28年度の学科試験勉強は、S学院の講義をメインにウラ指導の発信する勉強方法を取り入れ、上手くいくかどうか実験する事にした。


試行錯誤の結果、その後の計4回の模試は全て95点以上をキープ。かつ、回を追う毎に総得点を上げていき、最後の模試では110点程度、法規30点を取り、学科試験は少しのミスを見込んでも、確実に通れる事を確信。


本試験では、初出題の問題に少し戸惑いながらも、取りこぼしを徹底的に無くす解き方を遵守し、採点予測で98点。製図コースに進む。

その時点で、S学院の指導方法に無駄が多い事に気付き、ウラ指導に傾倒。
製図試験はS学院のやり方が合わず、ほとんど通わなかった。

 

製図試験までのnichijoの道のりは上記の通りです。
そして現在に至ります。