読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常のリズム

一級建築士試験とアナログゲーム等の日記ブログ。

【一級建築士】製図試験結果

一級建築士

nichijoです。前回記事からかなり日が空いてしまいました。

新婚旅行やポケモンで忙しい日々を過ごしておりまして、文章を考える時間がなかなか取れていません。

 

12月15日に一級建築士設計製図の試験の合格発表がありました。

結果は、不合格でした。郵送された不合格通知書には、「ランクⅢ」と記載されていました。

 

ユープラの掲示板を覗くと、既に何人か合格した報せが書かれてありました。

仕事の知り合いは、無事に合格していたようで、お願いして合格答案をいただきました。

一目見ただけで合格図面だとわかる内容で、それを見た時に、自分の能力がまだまだ合格レベルでは無かったのだと、すんなり受け入れる事が出来ました。

 

結局エスキスは、製図受験勉強中に一度も最後まで完成することができないまま、一発逆転模試や本番に挑んでいた状態だったので、そんな調子では4割の合格者の中には入れるわけがないですね。

本番では、プログラム図や階別振り分けの多数派判断ができず、完成したプランは少数派プランでした。ユープラの本番思考アンケートを見た時に、自分は少数派に入ってしまった事実を認めざるを得なかったので、来年はそこをどうやって多数派に持っていく思考ができるかを考えていかないと。

 

発表の翌日、16日から、ウラ指導の直接指導塾の申し込みが始まりました。今回は、これに申し込みをします。

今年の後半戦塾生は、6人ぐらいしかいなかったので、なんだか倍率がすごく高そうで参加できるかわかりませんが、是非ともエスキスを一人でできるようになりたい。

 

妻にも負担をかける生活が続くので、申し訳ない・・・。

次は絶対受かるぞ。

 

まずは、来月にあるユープラ検証会と、同日の直接塾説明会だ。

塾生になりたい気持ちをぶつけないといかんのかな??

 

 

総合資格の担当から、ランクは何だったかメールが来ているが、なんとなく腹立つから無視している。

しかも学校長が変わって、直々に個別面談の日程を訊くメールが来た。突いても大した回答が得られないので正直関わるのがめんどうくさい。

もう既に総合資格はあてにしていない。来年度の払える受講費も無いしね。ウラ指導一本で頑張ります。

 

建築設備士の試験は、父と一緒に頑張って来年受けようかと考えている。

一級製図と同時並行となるが、一級の学科を突破した能力があれば、学科はなんとか片手間でもいけるんじゃないかと踏んでいる。

もうどんどんせっかく勉強したことを忘れてきているし、それはもったいないしね。復習にもなるし、定着した知識を呼び起こせばさらに安定するし。

来年も勉強は続く。